ホーム | フランス/ボルドー > ムーリスシャトー・プジョー[2004]年・AOCムーリス・クリュ・ブルジョワ・エクセプショナル
商品詳細

シャトー・プジョー[2004]年・AOCムーリス・クリュ・ブルジョワ・エクセプショナル[::0101171000216::]

販売価格: 3,478円 (税込)
[ごめんなさい、売り切れました。]
シャトー・プジョー[2004]年・AOCムーリス・クリュ・ブルジョワ・エクセプショナル
Chateau Poujeaux [2004] AOC Moulis-en-Medoc
シャススプリーンとモーカイユとともに、ムーリスを代表する3大ワイン!長い寿命を約束されたタンニンの多い、凝縮されたフルボディワイン!このワインでパーカーポイント90点!ゴーミヨ誌4つ星で86〜87点!ワインスペクテーター90点!の高評価!

シャトー プジョー [2004]年
AOC ムーリス クリュ ブルジョワ エクセプショナル

メドック ムーリス3大最上ワインと
言われるブルジョワ エクセプショナル級!
シャススプリーンとモーカイユとともに、ムーリスを代表する3大ワイン!長い寿命を約束されたタンニンの多い、凝縮されたフルボディワイン!このワインでパーカーポイント90点!ゴーミヨ誌4つ星★★★★で86〜87点!ワインスペクテーター90点!の高評価!

▼ D.ペッパーコーン氏は「ボルドーワイン」の中で
格付 クリュ・グラン・ブルジョワ・エクセプショナル
作付面積 50ha 年間生産量 30,000ケース
葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロ40%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド5%
ムーリスがアペラシオンの名前だとすれば、プジョーの名はその中でも最高のクリュのほとんどが集まっている部分を指す。その中で他の表示がつかないただのプジョーだけのこのシャトーが一番良いところにある

ワインは深い色合いで印象的なブーケをもっている。このブーケは、ときたま煙草を連想させる香りをもつことがある。風味のほうは、タンニンが多くて力強い反面、スタイリッシュで洗練されている。長命のワインで、最高の年のものは長い時間をかけて熟成させる価値があり(新樽の比率は1/3)、もちろん、つねにこのアペラシオンのトップ・グループにはいっている

ライヴァルのシャス・スプリーンに比較すると、プジョーの方がやや肉づきが良く、果実香があり、ここも同じように格付の地位が与えられていい



シャトー プジョーについてヒュー ジョンソン氏は

「同族経営のクリュ・ブルジョワ・エクセプショナル。シャス・スプリーンとモーカイユとともに、ムーリスの目玉。長い寿命を約束された、タンニンの多い、凝縮された個性的なワインを産出★★(ダブルスター)



▼ ロバート パーカー氏はシャトー プジョーについて
プジョーとシャス=スプリーンとモーカイユーの間には、相当なライバル意識があるが、ほとんどの人は、年によって多少違いはあるものの、この3つがムーリの最上のワインと見ているプジョーは1544年にさかのぼる最も歴史あるシャトーの1つで、当時、シャトーとその周辺地域は、「ラ・サル・ド・プジョー」と呼ばれていた。現在は1920年にプジョーを手に入れた一族、テイユ兄弟によって経営されている。

プジョーのスタイルは、ムーリのワインの典型で、深みのあるルビー色でタニック。若いときには渋く、固いこともあるので柔らかくなり熟成するには最低でも6年から8年間寝かせる必要がある。非常に長生きする可能性を持っており、1985年と1988年に飲んだ1928年のボトルは、プジョーがどれほど賞賛に値し、熟成させる価値があるかを証明してみせた。プジョーは、ボルドーで新しい格付けがあれば、5級とされる価値があるワインである

最近プージョは2001年と2000年に卓越したワイン、1997年にはそのヴィンテージの最良のワインの一つをつくった。

ワインスペクテーターで驚異の90点獲得!!!


シャススプリーンとモーカイユとともに、ムーリスを代表する3大ワイン!長い寿命を約束されたタンニンの多い、凝縮されたフルボディワイン!このワインでパーカーポイント90点!ゴーミヨ誌4つ星★★★★で86〜87点!ワインスペクテーター90点!の高評価!



年代 造り手
[2004]年

テイユ家

生産国 地域
フランス ボルドー メドック―ムーリス
AOC ムーリス
タイプ
赤・辛口 フルボディ
内容量
750ml

  • 【AOC ムーリス】
  • 【ムーリス クリュ ブルジョワ】
  • 【赤 フルボディ】
  • 【シャトー プジョー】
  • 【】
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)