ホーム | フランス/ボルドー > ムーリスシャトー・シャス・スプリーン[2003]年AOC ムーリス・クリュ・ブルジョワ・エクセプショナル
商品詳細

シャトー・シャス・スプリーン[2003]年AOC ムーリス・クリュ・ブルジョワ・エクセプショナル[::0101171000230::]

販売価格: 5,844円 (税込)
[ごめんなさい、売り切れました。]
シャトー・シャス・スプリーン[2003]年AOC ムーリス・クリュ・ブルジョワ・エクセプショナル
CH Chasse-Spleen[2003]
パーカー氏をして「傑出したシャトーである。一貫して上質なワインを生産し三級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。」と言わしめ、ヒュー・ジョンソン氏も「ボルドーの最も確実な代物の1つ。」とコメントし大注目!!クラスマンでも8ポイント/10を獲得!!ワインスペクテーター誌でも高評価87点!!のクリュ・クラッセの水準にあるメドックで最も人気のある3つのクリュブルジョワのひとつ、シャス・スプリーンが人気ヴィンテージで少量入荷!!

シャトー シャス スプリーン[2003]年
AOC ムーリス クリュ ブルジョワ エクセプショナル

2003年の格付で
ブルジョワ・エクセプショナル級に格上げ!

ボルドーの最も確実な代物の1つ。」ヒュー・ジョンソン氏

第三級シャトーと同等の上質なワインを一貫して生産ロバート・パーカー氏

年産7,916本 カベルネ・ソーヴィニヨン73%、 メルロー20% 、プティ・ヴェルド7%


▼ ロバート・パーカー氏はシャス・スプリーンについて

シャス・スプリーンは傑出したシャトーである。過去30年にわたって一貫して上質なワインを生産し三級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある貧弱で凡庸なヴィンテージでさえ、そのワインは突出した深みのあるルビー色や、プラムのような熟したブーケ、豊かさと丸みのあるしっかりした風味で特徴づけられている。

『シャス・スプリーンはラーリー家の所有だったが、1976年に、筆頭株主をソシエテ・ベルナール・タイヤンとするシンジゲートに買収された。取締役のジャック・メルローはシャトーの運営に関する多くの聡明な決定を下した。

その結果、いっそうひらめきのあるワインが生まれ、1980年代の終わりには文句無くトップクラスとなった4区画からなる畑は主として深い砂利質土壌で、平均樹齢が30年という、多くの老木を誇る。ここは非常に伝統的な方法を今も忠実に守るシャトーである。

マロラクティック発酵の後も瓶詰めの前も濾過をしない。メドックでも極少数のシャトーのひとつなのだ

セカンド・ワインの導入、熟成用のオークの新樽使用率の引き上げ(50%)、細部にいたるまでの完璧な配慮など、クレール・ヴィラールの元での進歩は明らかである。

シャス・スプリーンが過小評価されている事に世界が気づいたため、価格は急騰した★★★




▼ 厳しい評価で知られるル・クラスマンは
シャトー シャス スプリーンは、メドックで最も人気のある3つのクリュ・ブルジョワのうちの1つである。その濃厚な構成とアロマの力強さはアペラシオンでもトップに位置するカベルネソーヴィニヨン優勢の造りは、1990年代にはしばしば粗削りに感じられたがシャトーは明らかにこの問題を考慮し、ここ数年は最高に熟したタンニンを再び求める方向にある。若いうちは粗削りだがエレガントでハーモニーのある熟成をするだろう8点 ル・クラスマン


ル・クラスマンで1ツ星評価、
このワインで高評価の8点獲得!!




▼ ヒュー・ジョンソン氏も

クリュ・クラッセの水準にあるクリュ・ブルジョワ・エクセプショナル。一貫して申し分なく、多くの場合傑出したワイン長期熟成型ボルドーで最も確実な代物のひとつ★★★」と「ポケットワインブック」でベタボメしている人気シャトーです。

ワインスペクテーター誌でも高評価87点を獲得!し、飲み頃予想は2009年〜とコメント!

とにかくプロに人気のワインであることは確実です!
少量入荷につきお急ぎください



年代 造り手
[2003]年 ヴィラール女史
生産国 地域
フランス ボルドー メドック-ムーリス
AOC ムーリス クリュ ブルジョワ
タイプ
赤・辛口 フルボディー
内容量
750ml

  • 【ムーリー AOC】
  • 【ムーソー AOC】
  • 【ムーリス AOC】
  • 【AOC ムーリー】
  • 【AOC ムーソー】
  • 【AOC ムーリス】
  • 【赤 フルボディ】
  • 【フルボディ 辛口 赤】
  • 【シャススプリーン】
  • 【シャス スプリーン】
  • 【ムーリー】
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)