ホーム | フランス/ブルゴーニュ > コート・ド・ニュイニュイ・サン・ジョルジュ一級・レ・ミュルジュ・[2005]年・ドメーヌ・アルノー・ショパン元詰
商品詳細

ニュイ・サン・ジョルジュ一級・レ・ミュルジュ・[2005]年・ドメーヌ・アルノー・ショパン元詰[[#007] ::0102021003470::]

販売価格: 9,158円 (税込)
[ごめんなさい、売り切れました。]
ニュイ・サン・ジョルジュ一級・レ・ミュルジュ・[2005]年・ドメーヌ・アルノー・ショパン元詰
Nuits-Saint-Georges 1er Cru “Les Murgers” [2005] Domaine A Chopin & Fils
ブルゴーニュ赤ワインファン注目!ヴォーヌ・ロマネ側に位置する人気も評価も高い1級畑“レ・ミュルジェ”!なんとこのグレイト・ヴィンテージの2005年でデカンター誌(2008年5月号)で4つ星獲得!“レ・ミュルジュ”一級畑と言えばマット・クレイマー氏も「模範的なニュイ・サン・ジョルジュ。石とか土、動物を思わせる匂いはニュイ一級畑特有のもの」と激賞する人気畑!オーナー自ら「6〜7年後にブラインド・テイスティングするとすごい評価を得るワインになっていると思う」とすごい自信を伺わせる究極一級“ミュルジュ”!「デカンター誌」に「濃縮されスパイシーな色の濃い果実。とても凝縮したピノ、甘く豊かで熟成したワイン!有望な持続性を持っている」と激賞!4つ星評価させたグレイト・ヴィンテージ2005年が少量入荷!

ニュイ サン ジョルジュ一級 レ ミュルジュ [2005]年 ドメーヌ アルノー ショパン元詰


デカンター誌で4つ星評価獲得!!
ヴォーヌ・ロマネ側に位置する1級畑、
“レ・ミュルジェ”のグレイトVT2005年!

現在、コンブランシアンで5代目にあたるアルノー ショパン(33歳)が中心となってワイン造りをする生産者です。7世代前から畑は所有していましたが、ワイン造りは4代前から始めました。アルノーは醸造学校を卒業した後、南アフリカのワイナリーで6ヶ月間修行しました(醸造学校を卒業すると自分の家から半径50km以上離れたところでないと修行してはいけない決まりがあるそうです)。その後、1997年からワイン造りを開始。「今はワイン造りが楽しく面白い。」と言います。現在、ニュイ サン ジョルジュやシャンボール ミュジニィ等に9つのA.C.、計14ha所有しており、90%が赤ワインです。本数は少なくとも、多くのアペラシオンで造ることを目指しています。

彼はワインの品質の80%は畑(テロワール)で決まると考えているので、毎日畑に足を運びます。畑での作業はすべて有機栽培でしており、ビオに近いやり方にしつつあります。自然のままでは20房付けてしまう葡萄を、8月頃のグリーンハーベストで6〜8房に制限しています(養分が房に行く前の茎の状態で除去)。収穫量の制限とともに、風通しをよくし病気を防ぐ意味もあります。100%除梗します。




繊細でフルーティなワイン造りを目指しているため、発酵の最初の1週間位は10℃位のマセラシオンを行います。その後15日間ゆっくりと発酵し、徐々に温度を上げていきます(32〜34℃位まで)。翌年の9〜11月に澱引きのためコンテナタンクへ移します。このタンクは澱の沈殿が効率よく行えます。赤ワインはすべて樽(フレンオーク、うち30%が新樽)で熟成させています。フレンチオークの中でも、繊維のキメが細かく詰まっているヴォージュ産を使用しており、これはショパンの目指す繊細なワインの熟成にとてもよく合います。赤は、フィルターは通さず、年によってファイニングのみおこないます。白はどちらも行います(最近のフィルターでは果実味はあまり失われない)。

フランスのいろいろなワインのガイドや雑誌に掲載されています。「ルヴュ ド ヴァン ド フランス2002.5」の特集「Les Palmares de Jeunes Vignerons」(若手葡萄栽培者の受賞者名簿)に写真入りで掲載されています。また、「ギイド アシェット」に掲載されています。さらに、「デカンター2003.12」の『バーゲン バーガンティ』(ベスト ヴァリュー生産者)において、ワイン界の重鎮でブルゴーニュのエキスパートでもあるクライヴ コーツMWが高い評価をしています


▼ ヒュー ジョンソン氏は、ニュイ・サン・ジョルジュについて
重要なワインの町。典型的に頑強でタンニンが多く熟成に時間を要するワインを産する」として★★★★★★★4つ星を付け高評価!!



Nuits Saint Georges Premier Cru Les Murgers

町の北側に位置する、評価の高い1級畑のひとつで、かつて‘95年が、「ギイド アシェット'98」に『クー ド クール』で掲載されたことがあります。ヒュー ジョンソンの「ワールド アトラス オブ ワイン」の中で「この渓谷の北側のプルミエクリュは、卓越したヴォーヌ ロマネ地区に続くだけあってすばらしい。」と書いています。

2005年は天候がよく、素晴らしいワインが出来ました。「6〜7年後にブラインドテイスティングをしたらすごい評価を得るワインになっていると思うから、少しプライベートセラーにとっておいたら?」とアルノーが勧めるレ ミュルジェの2005年です。すばらしい果実の凝縮感とボリュームを感じるワインです。‘05年が「デカンター2008.05」で4ッ星。


▼ デカンター誌のコメント
濃縮されスパイシィな、色の濃い果実が感じられます。とても凝縮したピノです。甘く、豊かで、成熟したタンニンがあります。有望な将来性を持っています。4ッ星★★★★ 「デカンター2008.05」

ブルゴーニュ赤ワインファン注目!ヴォーヌ・ロマネ側に位置する人気も評価も高い1級畑“レ・ミュルジェ”!なんとこのグレイト・ヴィンテージの2005年でデカンター誌(2008年5月号)で4つ星獲得!“レ・ミュルジュ”一級畑と言えばマット・クレイマー氏も「模範的なニュイ・サン・ジョルジュ。石とか土、動物を思わせる匂いはニュイ一級畑特有のもの」と激賞する人気畑!オーナー自ら「6〜7年後にブラインド・テイスティングするとすごい評価を得るワインになっていると思う」とすごい自信を伺わせる究極一級“ミュルジュ”!「デカンター誌」に「濃縮されスパイシーな色の濃い果実。とても凝縮したピノ、甘く豊かで熟成したワイン!有望な持続性を持っている」と激賞!4つ星評価させたグレイト・ヴィンテージ2005年が少量入荷!


年代 造り手
[2005] アルノー・ショパン
生産国 地域
フランス ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ
AOC ニュイ・サン・ジョルジュ1級
タイプ
赤・辛口 フルボディ  
内容量
750ml

  • 【フランス 辛口 赤】
  • 【AOC ニュイ サン ジョルジュ 1級 】
  • 【赤 フルボディ 】
  • 【プルミエ クリュ 】
  • 【ニュイ サン ジョルジュ レ ミュルジェ 】
  • デカンター誌 【】
  • 【ミュルジュ 】
  • 【ブルゴーニュ 辛口 赤 】
  • 【ドメーヌ アルノー ショパン 】
  • 【コート ド ニュイ 辛口 赤 】
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)