ホーム | フランス/ブルゴーニュ > コート・ド・ニュイシャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・グラン・クリュ・特級畑[2006]年・ブシャール・ペール・エ・フィス
商品詳細

シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・グラン・クリュ・特級畑[2006]年・ブシャール・ペール・エ・フィス[[#035] ::0102021003715::]

販売価格: 23,461円 (税込)
[ごめんなさい、売り切れました。]
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・グラン・クリュ・特級畑[2006]年・ブシャール・ペール・エ・フィス
Chambertin Clos de Beze Grand Cru [2006] Bouchard Pere & Fils
ブルゴーニュ赤ワインファン大注目!非凡、品格、美麗、!精妙!ナポレオンが賞揚したシャンベルタンの極致!特有のダイアモンドを想わせるような硬い輝きを内に秘めた銘酒中の銘酒!!赤の最高峰!!しかも造り手は創業1731年、ブルゴーニュの名門中の名門ブシャール社!ブルーベリー、ブラックベリー、カカオ、バニラなどの心地よい香りが口中に長く続く、究極特級シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・グラン・クリュ!長い熟成により綺麗に花開く銘酒中の銘酒!究極クロ・ド・ベーズの新ヴィンテージが少量入荷!

シャンベルタン クロ ド ベーズ グラン クリュ 特級畑[2006]年 ブシャール ペール エ フィス


ブルゴーニュの名門!ブシャール家による
非凡、品格、美麗、!精妙!ナポレオンが
賞揚したシャンベルタンの極致!!
銘酒中の銘酒!究極クロ・ド・ベーズ!


■ その地下蔵は、別名「ブルゴーニュワインの博物館」
1820年。アントワーヌ・フィリベールは、ルイ11世と12世が築いた15世紀の城「シャトー ド ボーヌ」を購入しました。このシャトーは、ボーヌの旧市街地を取り囲むぶ厚い城壁のすぐ内側にあり、現在、その地下には、広大な熟成庫が広がり、理想的な温度、湿度のもとで、数百万本ものワインが熟成の眠りについています。

中でも、見るものの目を驚かすのは、1846年のムルソー シャルムに始まる、数千本のオールド・ヴィンテージ・ワインの数々です。世界のワインファンから「ブルゴーニュの博物館」と呼ばれているこの蔵には、過去、多くの作家や芸術家、ワイン評論家か招かれ、その奇跡のような深みを供されてきました。

彼らが残した数々の記録こそ、偉大なブルゴーニュワインの驚くべき長寿さを証明する、何よりの証となっています。


■ 1995年、ブシャール ペール エ フィス新生!!

こうして、ブシャール ペール フィス社の伝統は、実に9世代にわたって、ブシャール家の子孫に引き継がれてきました。

残念ながら、1970年代から80年代にかけて、ブシャール家は経営難に陥りましたが、1995年、救世主が現れます。シャンパーニュの名門「アンリオ」のオーナーであるジョセフ アンリオ氏が、その所有畑のポテンシャルの高さに注目し、経営を引き継いだのです。

アンリオ氏は、畑から醸造、貯蔵、瓶詰めにいたるすべての工程で大革新を行い、その品質をかつての名声の高みにまで、一気に引き上げました。同時にアントワーヌ・フィリペール以来の伝統路線に敬意を表して、ボンヌ・マールやクロ・ド・ヴィージョなどの優れた畑をさらに買い足し続けています。


▼ ブシャール・ペール・エ・フィス(アンリオの改革)
A.積極的な設備投資
  1. 新たにボルドーのタランソー社と共同でブシャール専用の樽製造の会社をボーヌに設立。完全な品質管理によるオーダーメイドの樽を調達。
  2. 小型の最新型ステンレス発酵層を購入。これにより、収穫ブドウを細かく区画ごとに、その成熟度に応じて仕込むことが可能になる。
  3. 完全温度管理のロジスティクスセンターを設立。ブシャール及びウイリアムフェーブルのワインのストックを一元化。完全な管理及び出荷体制が整う。
  4. 2005年より新たな醸造施設が始動。老朽化が進んだ現在の施設を売却。深さ10メートルまで掘り下げ、1年を通じて温度変化が極めて少ない理想的なカーヴを得る。これにより樽熟成の環境が整い、安定かつ長期の発酵と熟成が可能。
B.ナチュラルな栽培へ
  1. 減薬農法(リュット・レゾネ)の実施。約30の畑に気象台設置し、24時間体制で畑の気象データを収集。地中の温度や湿度まで把握し病害が発生しそうな区画を予測。最低限の処理をその畑に施す程度にし、むやみに薬剤を使用することを控える。
  2. 積極的な改植。多産系の苗木を老樹(ヴィエイユ・ヴィーニュ)といえども良質なクローンの若木に植え替える。安定した生産と畑の将来性を重視。




 


▼ シャンベルタン グラン クリュと言えば、マット クレイマー氏は
シャンベルタンほどブルゴーニュをよく象徴しているワインはない。それは胸が高鳴るようなよろこびを意味する。赤ワインのなかの赤ワインである。ナポレオンのお気に入りだったというのはたしかだが、以後彼はワインの通人であったかの気配がただよっている。シャンベルタンを飲んでいたのは本当で、どの遠征のときにもお供をさせた。・・・ナポレオンが賞揚したことをシャンベルタンの最高の賛辞とするワインサークルもある。

ナポレオンの識別力のほどはさて おき、シャンベルタンがブルゴーニュ最長寿の人気銘柄であることはまちがいない。ここにはシャンベルタン・クロ・ド・ベーゼもくわえよう

フランスのワイン法は、これまで使い分け尊重をしてクロ・ド・ベーズとシャンベルタンを区別している。クロ・ド・ベーズは単にシャンベルタンの名でも売れるが本物のシャンベルタンの畑で生まれたワインにはクロ・ド・ベーズの名をつけることができる

極上のシャンベルタンは、ブルゴーニュをもっとも雄弁に物語るものだ。よく誤解されているが、重いワインなのではなく、むしろ肉付きがよいというほうがふさわしい。はりがあって深い強さをもち、色調も深く、はなやかなまでに豊かで複雑な味わいがする

「ではどうして同格のワインのなかで、シャンベルタンが第一の座を占めているのだろうか。この答えは、ヴォルネイ=カイユレやムルソー=ペリエールの非凡さをいいあらわそうとするのに似ていて、いわばシャンベルタンは、他にまさって多くの特性をかねそなえているのだ。マジにせまるほどの風味をもちながら、リュショットのように洗練されていて、ラトリシエールのよな品格(フィネス)をあわせもつ。ジュヴレ=シャンベルタンの美質のすべてを増幅し、融合させたようなものだワインでなく人物であれば、わたしたちは、尊い、といわないだろうか。シャンベルタンの極致とはこのようなものである。 」と最高の賛辞をおくっています。

ブルゴーニュ赤ワインファン大注目!非凡、品格、美麗、!精妙!ナポレオンが賞揚したシャンベルタンの極致!特有のダイアモンドを想わせるような硬い輝きを内に秘めた銘酒中の銘酒!!赤の最高峰!!しかも造り手は創業1731年、ブルゴーニュの名門中の名門ブシャール社!ブルーベリー、ブラックベリー、カカオ、バニラなどの心地よい香りが口中に長く続く、究極特級シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・グラン・クリュ!長い熟成により綺麗に花開く銘酒中の銘酒!究極クロ・ド・ベーズの新ヴィンテージが少量入荷!


年代 造り手
[2006]年

ドメーヌ ブシャール

生産国 地域
フランス ブルゴーニュ コート ド ニュイ
AOC シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ グラン クリュ
タイプ
赤・辛口 フルボディ
内容量
750ml

  • 【赤 フルボディ】
  • 【ブシャール ペール エ フィス】
  • 【コート ド ニュイ】
  • 【ドメーヌ ブシャール】
  • 【AOC シャンベルタン クロ ド ベーズ】
  • 【AOC シャンベルタン クロ ド ベーズ 特級】
  • 【クロ・ド・ベズ】
  • 【】
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)