ホーム | フランス/ブルゴーニュ > コート・ド・ニュイクロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ[2002]年・ドメーヌ・ジェラール・ラフェ元詰・蔵出し
商品詳細

クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ[2002]年・ドメーヌ・ジェラール・ラフェ元詰・蔵出し[::0102031003217::]

販売価格: 11,113円 (税込)
[ごめんなさい、売り切れました。]
クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ[2002]年・ドメーヌ・ジェラール・ラフェ元詰・蔵出し
CLOS DE VOUGEOT Grand Cru [2002] Domaine Gerard Raphet
ブルゴーニュ赤ワインファン注目!ブルゴーニュ トップ生産者、ジェラール・ラフェのグラン・クリュ!しかもバックヴィンテージ!ワイナート誌43号でもカラーページ特集!フランス国内ではシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの最高の生産者の一人といわれるジェラール・ラフェ!「精力の塊」と言われたジャン・ラフェの息子で、2002年にドメーヌを引き継ぎ、なんと翌年の2003年にはロバートパーカー氏から98ポイントという稀に見る高得点を獲得し、一躍その名をとどろかせました!そのジェラール・ラフェの看板ワインのひとつ!人気のクロ・ド・ヴージョ特級!しかもジェラール・ラフェがドメーヌを継承したずばりその年!しかもビッグヴィンテージの[2002]年!バックヴィンテージ、飲み頃7年熟成品!カシスリキュールのように粘土が高く、脚が長く、そして甘く豊かな果実味!スパイスの香りが強く、タンニンと果実味のバランスが非常にすばらしい究極の味わい!時間をかけてゆっくりお楽しみ下さい。

クロ ド ヴージョ グラン クリュ[2002]年 ドメーヌ ジェラール ラフェ元詰 蔵出し


ロバートパーカーが98点をつけた
ブルゴーニュのトップ生産者

言わずと知れたジェラール・ラフェ!

モレ・サン・ドニに本拠地を置くジェラール・ラフェは、フランスではシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの最高の生産者の一人といわれ、あのパーカーから4ツ星を与えられ、『精力の塊』といわれたジャン・ラフェの息子で、2002年にドメーヌを引き継いでいます。

父の代から恵まれた畑を所有し、樹齢の古い古木を多く所有しておりますが、多くのワインはネゴシアンに販売しているためドメーヌ元詰は極僅かとなります。

2002年に代がかわってすぐの2003年はあのロバートパーカーから98点という稀に見る高得点を獲得し、一躍その名をとどろかせました


▼ ワイナート誌の特集記事より

モレ・サン・ドニのロータリーに面したドメーヌ・ジャン・ラフェを訪れると、「あなたがアポを取ったのはここではありません」と、ラフェ夫人が言う。ドメーヌ・ジャン・ラフェ自体はまだ存続しているそうだが、バック・ヴィンテージのワインを売っているにすぎない。ラフェの畑は、ジャンの子息であるジェラールが引き継ぎ、彼は2002年にドメーヌ・ジェラール・ラフェを立ち上げていた。

ブルゴーニュでは、アルマン・ルソーのように父祖の名前をそのままドメーヌ名に残して引き継いでいく場合もあれば、このように世代交代すれば名前も変わる場合もある。ややこしい話であり、ブルゴーニュがむずかしいと言われる理由のひとつだ。

ジェラール・ラフェは12ヘクタールもの畑を所有する大きなドメーヌだが、セラーはそれほど大きくない。「徐々に減ってきているとはいえ、生産量の半分をネゴシアンに売る」からだ。ワインの形で売ることもあれば、ブドウで売ることもあるそうだ。
ジェラールは非常に無口だが、自分の仕事には自信があるらしく、「25年間父親と一緒に仕事をしてきたから、ドメーヌの歴史は新しいが、私自身は初心者ではありませんよ」と言う。

最近では新しい世代の人たちが、畑の仕事を重視する、としきりに主張していますが、我々はずっと前から畑仕事を丁寧に行ってきましたから、今になって言うことはありません。私と父は相談しながらワインを造ってきたので、私が独立しても、父の時代から何も変えてません。唯一の変更点は、クロ・ド・ヴージョの80歳の古木から、クロ・ド・ヴージョ・ヴィエイユ・ヴィーニュというキュヴェを3樽分造りはじめたことです」。これは、さすがに古木だけあって、濃厚な味わいのワインだ。ジェラール・ラフェを代表する作品といえるだろう。

クロ・ド・ベーズも、樹齢70年から90年という古木からできている。06年をテイスティングすると、香りも味わいも固くて冷たい。それでいて緊張感に欠ける。もちろんクロ・ド・ベーズは若いうちは閉じているものだが、それでもジャン・ラフェの時代のほうが、抑揚があって楽しかったような気がする。つくづくブルゴーニュはむずかしいものだと思う。


■ ジェラール・ラフェのワインについて
ジュヴレとシャンボールというふたつの高名な村に挟まれた、モレ・サン・ドニ村。誰が飲んでもわかる高貴さをふりまき、尊大な自信に溢れた両隣の村のワインと異なり、モレのワインは地味で、朴訥としている。そのモレならではの個性が、デュジャックやポンソは例外として、モレ村の人間が造るジュヴレにも感じられることが多い。ジュヴレ村の人間が造るジュヴレのように緊張を強いることがない、ジュヴレ。そういう方向性を端的に示すのが、ラフェのワインだ「ワイナート誌43号より」



Clos de Vougeot 2002

クレームドカシスのように非常に粘土が高く、脚が長く、そして甘く豊かな果実味があふれるばかりに詰まっています。
ミネラルも感じそれ以上にスパイスの香りが強くタンニン・果実味もバランスが非常にすばらしい一品です。時間をかけてゆっくりとお楽しみください。


▼ クロ・ド・ヴジョについて、セレナ サトクリフ女史は
クロ・ド・ヴージョは、リッチでなければならないはずで、時にチョコレートのような味を帯び、力強さをその内部にひめているりはスミレのようでありながら、後味になると甘草の風味を出すものもあれば、葡萄が完熟した年だと、炒ったピーカン(北米産クルミ)を連想させるワインまである。肉付きが豊かでおおらかで後味がいつまでも漂うはずである。

ブルゴーニュ赤ワインファン注目!ブルゴーニュ トップ生産者、ジェラール・ラフェのグラン・クリュ!しかもバックヴィンテージ!ワイナート誌43号でもカラーページ特集!フランス国内ではシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの最高の生産者の一人といわれるジェラール・ラフェ!「精力の塊」と言われたジャン・ラフェの息子で、2002年にドメーヌを引き継ぎ、なんと翌年の2003年にはロバートパーカー氏から98ポイントという稀に見る高得点を獲得し、一躍その名をとどろかせました!そのジェラール・ラフェの看板ワインのひとつ!人気のクロ・ド・ヴージョ特級!しかもジェラール・ラフェがドメーヌを継承したずばりその年!しかもビッグヴィンテージの[2002]年!バックヴィンテージ、飲み頃7年熟成品!カシスリキュールのように粘土が高く、脚が長く、そして甘く豊かな果実味!スパイスの香りが強く、タンニンと果実味のバランスが非常にすばらしい究極の味わい!時間をかけてゆっくりお楽しみ下さい。



年代 造り手
[2002]年 ジェラール・ラフェ
生産国 地域
フランス ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ
AOC クロ・ド・ヴージョ 特級
タイプ
赤・辛口 フルボディ  
内容量
750ml

  • 【ポイント 星】
  • 【赤 フルボディ】
  • 【ドメーヌ ジェラール ラフェ】
  • 【ワイナート】
  • 【ロバートパーカー】
  • 【ジャン ラフェ】
  • 【Jean Raphet 】
  • 【ブルゴーニュ コート ド ニュイ】
  • 【クロ ド ヴージョ】
  • 【AOC クロ ド ヴージョ】
  • 【AOC クロ ド ヴージョ 特級 】
  • 【フランス 辛口 赤 】
  • 【ブルゴーニュ 辛口 赤 】
  • 【ブルゴーニュ [2002] 赤 】
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)